ぐっさん的に2019年のスキルセットを考えてみた。

クリエイティブな話

くも膜下出血と脳梗塞と水頭症を発症して早2年。毎日リハビリに勤しんでいます。去年後半から少しづつ『社会復帰』について意識しだしてきました。というのも意外と色んなをツラツラ事が出来たからです。

なのですが、2年というブランクはあまりにも大きなもので、日進月歩のWEBの世界。取り残されまいと必死にインプットしてはいます。

そこで今考えてる必要なスキルセット(WEB制作目線)は何だろうと考えています。

1.html,CSS

まぁ…WEB制作のベーシックな部分である『html』と『CSS』ですよね。

最近読んだ電子書籍だとCSSはバージョン4に行ってるらしく、変数が使えたりして
更に便利になってきているんですね。

変数が使えると言うのは前もって知ってはいましたが、バージョン4が出てきてると言うのはこの電子書籍で始めて知りました。確かにメンテしにくく、CSSは破綻しやすい言語と言われて来ましたが、その辺解消されだして来るんじゃないかなと思います。

2.CSSプリプロセッサ

あとCSSプリプロセッサはデファクトスタンダードから2019年は必須スキルになってるのではと感じてます!

『SASS(SCSS含む)』や『less』、『stylus』

がそれですが、まぁSASSとSCSSが多く取り入れられてるのでその辺扱える様になると良いですね。

最近はフレームワークのbootstrapもバージョン上がって、SASSで書いてるのが出てきたんじゃないかな?
前はlessで書いてあったけど…

ボクも自己開発では扱かいましたが、実務案件ではまだ未導入。そうしてる間に病み付しましたので…バリバリ使える様に只今勉強中です。

3.Javascript

同じくバリバリ使える様に猛勉強中なのがJavascript!これも必須スキルセットの1つかな〜と考えてます。

WEBサイトが一層インタラクティブな物になってて、やはり様々な所でJavascriptを扱う機会が増えてきてますよね。そして今はJavascriptフレームワークの存在も忘れてはいけない!

CSSフレームワークもそうですけど、導入すれば時短にも繋がるし…とも思いますが、一方ではやはりスクラッチでCSSやらJavascriptを書いた方が良いんじゃねえの?と言う意見も否めないしやはりスクラッチで書ける様になれる事が1番理想的ですよね。

でも、時と場合によってはフレームワークの存在は外せないんじゃないかな…と

なんで、有名所のフレームワーク。CSSやったら『bootstrap』『Foundation』辺りJavascriptフレームワークなら『Angular』『React』『Vue』の3大フレームワーク(と言われてます)は一応抑えておいた方が良さげです。様々な所で働ける武器になりますよね。一人でやっていくにも結構な武器になりますよ。これだけやれれば

話がだいぶ反れましたが、Javascriptは最初は凄く苦手意識があって扱えなかったですがWordPress扱う様になって無理くりPHPを覚えたんですが(wordpressでしかPHPわからないけど…)そうやってるとJavascriptも何時しかすんなり入って来まして、入院先で基礎の書籍読み漁って一応基礎的な事は叩き込みましたが、後は手を動かしながら覚えるのが1番かな〜とも思います。今のリハビリ生活の間に自己開発出来ればと思っています。

まぁ後はフリーランスでやっていくなら企画構成力とか、文章力やデザイン力とかも必要になりますが、あくまで言語の方で必要なスキルセットをツラツラ書きました。

4.終わりに

今年は以上の言語がスラスラ書けて社会復帰してやりたいなと考えてます。欲を言えば後はrubyが少し分かったらいいかなぁと。Railsとかね。JekyllとかMiddlemanとかのフレームワークも途中挫折したんでひと通り使える様になりたいですね

以上です…(๑•̀ㅂ•́)و✧

コメント

タイトルとURLをコピーしました